各部紹介
メニュー
お問い合わせ

院長の挨拶

院長先生

一般財団法人とちぎメディカルセンターは、平成25年4月、JAの開設する下都賀総合病院、下都賀郡市医師会の開設する下都賀郡市医師会病院、そして医療法人陽気会の開設するとちの木病院が統合し、新たにこれら3つの病院を開設・管理する法人として設立されました。

とちぎメディカルセンター「とちのき」は、慢性期の状態の患者さんのための病院として新たな歴史を刻み始めたところです。

病気には時間経過により急性期と慢性期があるので、病院にも急性期と慢性期病院が必要になります。急に病気になれば、かかりつけの診療所から急性期病院に、あるいは救急車で病院に搬送され、急性期治療を受けることになります。それを終えて退院というときに、実際退院できる人は何割いるでしょうか。つらい症状や手術前後の不安、加えて後遺症の麻痺や安静による体力の減少、迎え入れる家族の不安など急性期治療中には考えの及ばない多くの問題があります。

このような複雑な心身状況にある患者さんや家族に対し、良質な慢性期の入院医療サービスを提供するために、「とちのき」では医師・看護師・薬剤師・介護スタッフ・理学療法士・作業療法士・言語療法士・管理栄養士・社会福祉士など様々な専門技術、知識を持った医療スタッフがチーム一丸となって、患者さん家族と一緒に在宅復帰に取り組んでいます。

「とちのき」では地域のみなさんが、万一病気になったときに安心して療養できる環境を提供しています。

とちぎメディカルセンターとちのき
院長 成田 純一

フロアマップ

フロアマップ(PDF/1.62MB)

PDF形式ファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerソフトウェア(無償)のインストールが必要です。
インストール済にも関わらずファイルが閲覧できない場合は、ソフトウェアが古い場合があります。
ソフトウェアの最新バージョンを入手してください。

Adobe Acrobat Readerソフトウェア(無償)を入手する

交通アクセス

詳細地図
クリックで地図を拡大

病院概要

外観

名称 とちぎメディカルセンターとちのき
所在地 〒328-0071 栃木県栃木市大町39-5
TEL 0282-22-7722
FAX 0282-22-7509
開設者 一般財団法人 とちぎメディカルセンター
代表理事 麻生 利正
管理者 院長 成田 純一
診療科目 内科・循環器内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・リハビリテーション科・老年内科・腎臓内科(人工透析)
病床数 一般病棟 128床(一般 56床 / 回復期リハ 36床 / 地域包括ケア 36床)
療養病棟 122床
計250床
指定 救急告示病院
栃木県脳卒中地域拠点病院
学会認定 日本外科学会専門医制度関連施設
日本整形外科認定医制度研修施設
臨床実習施設 栃木県県南高等看護専門学院
マロニエ医療福祉専門学校
太田医療技術専門学校
日本医療科学大学
國學院短期大学
つくば国際大学
太田アカデミー

基本診療料及び特掲診療科に関わる施設基準

  • 小児科外来診療科
  • 救急医療管理加算
  • 医療機器安全管理料1
  • 神経学的検査
  • 外来化学療法加算2
  • 検体検査管理加算1
  • 薬剤管理指導料
  • 無菌製剤処理料1
  • 地域連携小児夜間・休日診療料1
  • 退院調整加算
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 透析液水質確保加算2
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 感染防止対策加算2
  • CT撮影及びMRI撮影
  • がん治療連携指導料
  • 診療録管理体制加算1
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • 救急搬送患者地域連携紹介加算
  • データ提出加算1
  • 医師事務作業補助体制加算2(40対1)
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 胃瘻造設術
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 地域連携診療計画管理料
  • 患者サポート体制充実加算
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 休日リハビリテーション提供体制加算
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 一般病棟入院基本料 10対1 入院基本料
  • 後発医薬品使用体制加算
  • 療養病棟入院基本料1
  • 排尿自立指導料
  • 地域包括ケア病棟入院料1
  • 糖尿病合併症管理料
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料2
  • 在宅復帰機能強化加算
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
このページの先頭に戻る