診察のご案内
メニュー
お問い合わせ

院長の挨拶

院長先生

平成29年4月より、「とちぎメディカルセンター(TMC)しもつが」の院長を拝命しました。3つの病院、すなわち公的病院と民間病院が統合再編され、新しく財団法人が設立されたのが平成25年4月、そして栃木駅の南に急性期治療を扱う「TMCしもつが」が新築移転したのが平成28年4月です。栃木地区の医療再編を目指して、慌ただしくも見事な変貌を成し遂げた関係各位、諸先輩方に改めて敬意を表したいと思います。

新病院になってからは救急車搬送台数、救急患者数も激増し、同時に手術件数も倍増する勢いで、栃木県南地域の重要な拠点病院になっています。このような忙しい診療をこなしながら、今後TMCしもつがを更なる充実期へと舵取りをしなければなりません。そこで重要なことは、このセンター本来の役割、つまり「地域完結型の医療を目指す」という当センター本来の目標を常に意識していくことでしょう。急性期病院である当院の役割は当然急性期治療ですが、回復期・慢性期を扱う「TMCとちのき」と一体化した医療体制の構築が最も重要になります。

もう一つは、新たな検診・診療体制の充実です。今後増えると思われる疾病を予測し、疾患の予防、早期発見、治療、リハビリ、という流れをいち早く確立させる必要があります。その一例が、がん治療だと思います。今後、団塊の世代が急速に病気にかかっていきます。日本人の3人に一人ががんで死ぬ時代、がんのチーム医療、開業医との連携を基礎とした栃木市の新たな診療体制、いわば「栃木モデル」を確立する必要があります。

もう一つ重要なのが医師、職員の研修体制です。平成28年7月には当院に自治医科大学地域臨床教育センターが併設されることが決定、現在医師の派遣を含めて、その体制を充実させているところです。TMC本部にはすでに研修センターも整備されており、卒後研修、学生教育、職員研修まで幅広く勉強できる環境を充実させたいと思います。

当院の前身である「厚生連下都賀総合病院」は、1955年開院という輝かしい歴史を持っています。変わってはならないのは医の心、でも医療体制は日々変化させねばなりません。古い体質にとらわれることなく、新しいシステムの構築、まさに「破壊と創造」です。このエネルギーを持ち続けることを肝に銘じていきたいと考えています。皆さまのご協力を切にお願い申しあげます。

とちぎメディカルセンターしもつが
院長 中間 季雄

当院について

前身である下都賀総合病院の時代より地域の皆様の要望にお応えすべく診療機能の充実強化を図ってまいりました。

平成28年4月30日に移転し、“とちぎメディカルセンターしもつが”として生まれ変わりました。栃木地区の医療機関と連携し、今後も地域医療支援病院、栃木県脳卒中地域拠点医療機関などの役割を担いながら、栃木地区の急性期医療の基幹病院として良質な医療の提供に努めてまいります。

運営理念

心の通う優れた医療を提供し、
地域から信頼され愛されるメディカルセンターを目指します。

基本方針

  • 1患者さんを中心に据え、質の高い安心・安全な医療を提供します。
  • 2高度医療機関と連携し、地域完結型医療の充実を図ります。
  • 3健全経営により永続的な医療を提供できる環境を整え、地域社会に貢献します。
  • 4最善の医療を提供するため、コミュニケーションの充実を図ります。
  • 5誇りを持って働ける職場環境を構築し、資質向上と次世代の人材育成を支援します。

病院概要

外観

名称 とちぎメディカルセンターしもつが
所在地 〒329-4498 栃木県栃木市大平町川連420-1
開設者 一般財団法人とちぎメディカルセンター
理事長 麻生 利正
管理者 院長 中間 季雄
診療科目 内科・精神科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・内分泌内科・小児科・外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・救急科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科・老年内科・病理診断科 全26科
病床数 307床
診療指定 保険医療機関
国民健康保険療養取得機関
労災指定医療機関
指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
(精神通院医療)
母体保護法指定医
養育医療指定病院(休止)
結核指定病院
原子爆弾被爆者一般疾病医療機関
精神保健福祉法指定病院
生活保護法等指定医療機関
難病患者法指定医療機関
小児慢性特定疾患指定医療機関
指定 医師臨床研修病院
二次救急医療病院輪番制加入病院
地域医療支援病院
県脳卒中地域拠点医療機関
栃木県がん治療中核病院
救急告示病院
学会認定 日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
日本肥満学会認定肥満症専門病院
日本老年医学会認定施設
日本神経学会専門医制度准教育施設
日本脳卒中学会認定教育病院
日本外科学会専門医制度修練施設
日本消化器病学会関連施設
日本高血圧学会認定施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本整形外科学会認定医制度研修施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本気管食道科学会認定専門医研修施設(咽喉系)
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本認知症学会教育施設
日本肝臓学会認定施設
マンモグラフィ検診施設
臨床実習施設 栃木県県南高等看護専門学院
マロニエ医療福祉専門学校
獨協医科大学看護学部
國學院大学栃木短期大学
国際医療福祉大学
東洋パラメディカル学院
太田医療技術専門学校
東武医学技術専門学校
群馬パース学園短期大学
佐野短期大学
ニチイ学館 他
病院指標 平成27年度 とちぎメディカルセンターしもつが 病院指標

基本診療料及び特掲診療科に関わる施設基準

  • 一般病棟入院基本料(7対1入院基本料)
  • 臨床研修病院入院診療加算(基幹)
  • 救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算(15対1)
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • がん患者指導管理料1・2
  • 院内トリアージ実施料
  • 小児科外来診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 夜間休日救急搬送
  • 薬剤管理指導料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 在宅患者訪問看護指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • HPV核酸固定検査
  • 皮下連続式グルコース測定
  • 植込型心電図検査
  • 補聴器適合検査
  • 神経学的検査
  • センチネルリンパ節生検2(乳がんに係るものに限る)
  • コンタクトレンズ検査料1
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 画像診断管理加算Ⅰ
  • 医療安全対策加算1
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 感染防止対策加算1
  • 退院支援加算Ⅰ
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • 認知症ケア加算
  • 総合評価加算
  • データ提出加算2
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション科(Ⅰ)及び(Ⅱ)
  • 呼吸器リハビリテーション科(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション科
  • 精神科ショート・ケア(小規模なもの)
  • 精神科デイ・ケア(小規模なもの)
  • 透析液水質加算2
  • 脳刺激装置埋込術(頭蓋内電極埋込術を含む)及び脳刺激装置交換術
  • 植込型心電図記録計移植術及び埋込型心電図記録計摘出術
  • 体外衝撃波胆石破砕術
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2(単独法)
  • 胃痩造設術(経皮的内視鏡下胃痩造設術、腹腔鏡下胃痩造設術を含む)
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 輸血適正使用加算
  • 大動脈バルーンパンピング法(IAPB法)
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 体外衝撃波膵石破砕術
  • 病理診断管理加算1
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術
  • 地域包括ケア病棟入院料
  • 胃痩造設時嚥下機能評価加算
  • 療養環境加算
  • 輸血管理料Ⅰ
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
  • 人工肛門・人口膀胱造設前処理加算
  • 組織拡張器による再建手術(一連につき)1乳房(再建手術の場合)
  • がん治療計画管理料
  • 冠動脈CT撮影加算・心臓MRI撮影加算
  • 地域医療支援病院入院診療加算
  • 入院時食事療養費(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 経皮的冠動脈形成術
  • 経皮的冠動脈ステント留置術
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術

フロアマップ

フロアマップ(PDF/1.55MB) 階層図(PDF/813KB)

PDF形式ファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerソフトウェア(無償)のインストールが必要です。
インストール済にも関わらずファイルが閲覧できない場合は、ソフトウェアが古い場合があります。
ソフトウェアの最新バージョンを入手してください。

Adobe Acrobat Readerソフトウェア(無償)を入手する

交通アクセス

詳細地図
クリックで地図を拡大

このページの先頭に戻る