平成27年度 とちぎメディカルセンターしもつが 病院指標

病院指標(DPCデータに基づく指標)
【集計方法と定義】
病院指標の公開については、中医協総会において機能評価係数Ⅱの保険診療指数の新たな項目として追加導入されることとなりました。
当院ではDPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆様に情報公開を進めております。当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しています。
 
対象期間:平成27年4月1日 ~ 平成28年3月31日
対象患者:対象期間内に当院の一般病床を退院された患者データ
        (入院後24時間以内の死亡、医科保険外診療等のDPC対象外患者データは除外)
       患者数10未満は「-」で表示
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
一般病棟(DPC対象)の年齢階級別(10歳刻み)の患者数です。
年齢階級は90歳以上を1つの階級としています。         
        
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 101 69 70 114 223 364 774 1091 1215 375
栃木市は50歳から住みたいランキング(宝島社)で関東1位、全国では6位に選ばれているように、60歳以上の患者さんの割合は80%弱を占めております。100歳以上の患者さんも在宅復帰されており、地域医療支援病院として近隣の医療機関との連携を図り地域医療の向上に努めております。
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パス有(+)・無(-)、を示しております。一般病棟の中における転科においては、主たる診療科は医療資源を最も投入した傷病の診療科で集計しております。         
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし手術・処置等2なし定義副傷病なし 176 18.03 21.69 5.11 85.97 -
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし手術・処置等2なし 159 17.62 14.34 5.66 79.58 -
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 90 15.81 15.35 1.11 65.66 +
内科には、呼吸器・循環器・内分泌・腎内科が含まれております。高齢化社会に伴い誤嚥、肺炎の患者が増加しており、嚥下機能が低下して誤嚥性肺炎を繰り返す場合も少なくありません。糖尿病では教育目的の入院が多く、専門医や糖尿病療養指導士の看護師等による指導が行われております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等手術・処置等2なし定義副傷病なし 53 12.42 10.93 1.89 77.00 +
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2なし定義副傷病なし 31 7.39 7.38 0 72.13 -
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術手術・処置等2なし 24 9.71 9.20 0 76.96 +
当科では、胆管炎を多く治療しております。胆管炎とは、胆管で結石や腫瘍などで胆汁が停滞したりすると高頻度に細菌感染が起こる疾患です。チューブなどを通し胆汁の流れをよくする治療や消化管出血を内視鏡下で止血することで大量出血によるショックを防ぐ体制を整えております。また、胃カメラやバリウムを用いた検査で早期胃がんと診断された患者さんに対しては、内視鏡的治療を行っております。地域の医療機関と連携を図り、多くの紹介患者を受け入れております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息手術・処置等2なし定義副傷病なし 41 6.78 6.31 0 3.80 -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎手術・処置等2なし 22 4.45 5.50 4.55 4.36 -
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし - - - - - -
子供の喘息は成人の喘息と異なる部分が多々ありますので、15歳未満の子供の特徴を熟知している小児科医に診てもらうのが良いと思います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2なし定義副傷病なし 43 10.98 9.17 2.33 72.58 -
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等手術・処置等1なし手術・処置等2なし 29 9.07 7.84 0 55.45 +
060150xx99xx0x 虫垂炎手術なし定義副傷病なし 27 8.22 6.72 0 34.04 -
腸閉塞になると、まず、絶飲食が大前提です。腸閉塞の中でも緊急度の高い場合は、即時、開腹手術となります。また、胆嚢摘出術は腹腔鏡下で行っています。急性虫垂炎のうち70%は、入院での絶食・抗生剤の治療で軽快退院します。それから6ケ月程度の間隔をおいて炎症の消退を待って、全身麻酔で腹腔鏡下虫垂切除を行います。残りの30%は、腹膜炎や虫垂膿瘍などの重症感染症を併発しており、緊急手術となります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 123 30.21 28.70 32.52 83.11 +
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし定義副傷病なし 47 30.53 21.52 10.64 81.79 -
160760xx97xx0x 前腕の骨折手術あり定義副傷病なし 36 7.67 5.70 0 48.92 -
当院は急性期を担う病院のため、当科には、手の外科、股関節外科、脊椎外科など専門性の高い医師が配置され、近隣、地域の医療機関から多くの紹介を受け入れております。早期手術、早期リハビリをモットーとし、回復期等のリハビリ病院と連携を保ちながら、患者さんの早期機能回復に努めております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり手術・処置等2なし定義副傷病なし 27 7.30 10.02 7.41 79.44 -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし手術・処置等2なし定義副傷病なし 23 27.09 19.32 60.87 75.61 -
010070xx9910xx 脳血管障害手術なし手術・処置等1あり手術・処置等2なし 11 2.00 3.02 0 69.91 -
当科では、頭部外傷後に生じる急性、または慢性硬膜下血腫に対する治療を行っております。硬膜下血腫とは、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜と脳の間に、徐々に血が溜まって血腫になったものです。また、脳内出血に対する治療や血管内に閉塞や狭窄がないかを調べる血管造影検査なども行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 22 9.73 9.60 0 57.32 +
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞手術あり 10 2.80 3.28 0 5.20 -
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎扁桃周囲膿瘍切開術等 - - - - - -
突発性難聴は、栃木県指定の特定疾患です。治療費の一部が公費で負担され、患者さんの医療費の負担軽減が図られております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし手術・処置等1なし手術・処置等23あり定義副傷病なし 60 24.13 18.08 20.00 75.10 -
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2なし定義副傷病なし 13 20.08 15.80 23.08 76.46 -
010060x199x30x 脳梗塞(JCS10以上)手術なし手術・処置等23あり定義副傷病なし - - - - - -
当院は、栃木県の脳卒中拠点医療機関です。脳梗塞は a)アテローム血栓性脳梗塞 b)心原性脳塞栓 c)ラクナ梗塞 d)病型不明の脳梗塞に分類されます。アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。心原性脳塞栓は、心臓にできた血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。ラクナ梗塞は、脳の細い血管が詰まって起こるものです。当科では、アテローム血栓性脳梗塞が40%を占めており、他の医療機関と連携して再発防止に努めております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)手術・処置等1なし定義副傷病なし 79 2.90 2.89 0 57.11 +
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術手術・処置等1なし手術・処置等2なし 31 8.45 7.59 0 74.61 +
110080xx9901xx 前立腺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2 1あり 22 4.41 13.01 4.55 75.55 -
当科では、体外衝撃波結石粉砕術(ESWL)の入院治療を受ける尿管結石の患者さんが多く、他の医療機関からの紹介も受け入れております。また悪性の膀胱腫瘍に対する治療も行っており、いずれも術後管理に努めております。ほとんどが予定入院、手術のため、短い入院期間で退院しております。
3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について初発患者はUICCの(※)TNMから示される病気分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を示しております。
(※)TNMとは、Tは腫瘍(Tumor)、Nは節(Node)、Mは転移(Metastases)のことで、この三つを元にしてがんの進行度を表すのがTNM分類です。がんの大きさや深さ、リンパ節への転移の有無、他臓器への遠隔転移の有無などから、総合的にStageを判断します。         
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 21 - 24 - - 1 6.7
大腸癌 16 24 34 22 - 19 2 7
乳癌 14 - 10 - - - 1 7
肺癌 19 - - 29 - 30 1 7
肝癌 - - - - - 10 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数としては、大腸がんが最も多くなっています。次いで胃がん、肺がん、乳がん、肝がんとなっており、胃がんは早期がんの症例も多いことが分かります。当院は「栃木県のがん治療中核病院」として、手術・抗がん剤治療、また放射線治療については、近隣の医療機関と連携、患者さんに合わせた治療法を選択し、総合的に管理しております。
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
成人の(※)市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しております。重症度分類はA-DROPスコアを用いています。
(※)市中肺炎とは病院外で日常生活をしている人に発症する肺炎です。インフルエンザ等のウイルスによるものも含まれますが、集計からは除外しています。         
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 15 8.07 57.87
重症度 1 35 13.46 79.37
重症度 2 51 16.8 81.29
重症度 3 38 18.76 83.16
重症度 4 17 25 83.65
重症度 5 - - -
不明 - - -
高齢者の肺炎が増加しており、重症度が高くなるほど、在院日数が長くなっています。特に慢性呼吸器疾患の場合は、繰り返し肺炎に罹患されたり、合併症がある場合はより重症化しやすいので、呼吸器疾患リハビリテーションを早期から実施しています。
5.脳梗塞のICD10別患者数ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
医療資源を最も投入した傷病名が虚血性脳血管疾患を対象に、発症から入院までの日数別に、「3日以内」「その他」に分けて患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しております。         
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 114 26.51 78.61 33.33
その他 11 23 77.27 9.09
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 12 4.25 70.75 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院は栃木県の脳卒中専門医療機関・地域拠点医療機関であり、脳卒中の急性期を担っております。退院後の治療を計画・説明し、地域医療連携パスを作成する計画管理病院です。脳梗塞では、アテローム血栓性脳梗塞が40%、ラクナ梗塞が30%を占めております。急性期を担う病院として、救急車の受け入れも積極的に行っており、脳梗塞の60%は救急搬送によるものです。
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位3位まで)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢及び患者用パスの有(+)・無(-)を示しております。手術術式のKコード(点数コード)による集計ですが、輸血関連は除外しております。術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)の日数、術後日数は、手術日から(手術当日は含まない)退院日までの日数としています。         
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術その他のもの 15 1.60 7.33 0 66.20 +
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 25.10 12.00 10.00 78.30 +
K5972 ペースメーカー移植術、経静脈電極の場合 - - - - - -
当科では、搬送された急性心筋梗塞の患者さんや地域の医療機関から紹介された狭心症の患者さんに、冠動脈インターベンションを行っております。冠動脈インターベンションとは、狭くなった冠動脈に「カテーテル」という細い管を挿入し血管の内側から拡げる経皮的手術です。また完全房室ブロックなどの場合には、専門医がペースメーカーの埋め込みを行っております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術長径2センチメートル未満 177 0.45 1.49 0 68.56 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 74 1.27 15.23 6.76 80.15 -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 22 0 8.91 0 76.73 -
当科では、大腸腺腫や大腸ポリープの内視鏡治療が最も多く、集団検診や人間ドックでポリープがみつかり多くの方が受診され、短い入院期間で治療を行っております。ステント留置術とは、黄疸や胆管炎の患者さんに、胆管や膵管にステントという管を入れて胆汁や膵液の流れをよくする治療法です。また内視鏡的粘膜下層剥離術(EDS)とは、内視鏡を胃や大腸の中に入れ、切り取る場所をマーキングして、粘膜下層までを剥離し病変を一括切除する治療法です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 46 1.74 3.93 0 64.85 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 2.85 5.63 0 56.60 -
K7193 結腸切除術 全切除 亜全切除又は悪性腫瘍手術 21 9.43 23.86 0 74.38 -
鼠径ヘルニアは主に腰椎麻酔で行い、腹腔鏡下胆嚢摘出術は、全身麻酔で行われます。いずれも術後合併症の少ない手術です。結腸切除術を受ける方の多くは、結腸癌の患者さんで、入院後、大腸プレパレーション(便にならない食事で、下剤をかけ、術前の大腸内の弁を排泄させます)の後、全身麻酔+硬膜外麻酔で手術を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 105 2.48 24.14 26.67 80.52 -
K0462 骨折観血的手術 前腕 下腿 手舟状骨 81 2.57 17.15 0 60.59 -
K0821 人工関節置換術、肩、股、膝 47 2.28 24.85 10.64 70.57 -
当科は、四肢の外傷・骨折に対する手術を数多く実施しております。小児から高齢者まで幅広い年齢層にわたっているため、小児の外傷からスポーツ障害、人工関節、脊椎手術まで様々な手術を実施しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.87 8.26 8.70 80.57 -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング1箇所 - - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - - -
当科では、慢性硬膜下血腫の患者さんに行う慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く、この手術は、1.5cm程度の小さな穴を頭蓋骨にあけ、そこからチューブを入れて血腫を洗い流す方法です。患者さんへの負担も、入院期間も最小限に抑えることができています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合その他のもの 151 0 1.01 0 78.12 +
K279 硝子体切除術 - - - - - -
当科は、月、水曜日に手術を行っております。予定入院のため入院当日に手術を行い、短い入院期間で退院しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 10 0.90 0.90 0 5.20 -
K368 扁桃周囲膿瘍切除術 - - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - - -
当科は、地域の診療所から多くの紹介を受け入れております。抗生剤などの飲み薬や鼓膜切開などの処置をしても中耳炎を繰り返しよくならないお子さんには、鼓膜チューブ挿入術を行っております。特に小さいお子さんが多いため、全身麻酔を用いてお子さんの安静を確保し2泊3日の入院手術を行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 79 0.82 1.08 0 57.11 +
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術経尿道的手術電解質溶液利用のもの 31 1.74 7.00 0 76.16 +
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 1.00 12.92 15.38 72.46 -
当科では、尿管結石の治療に体外衝撃波結石粉砕術(ESWL)を行っております。ESWLは衝撃波で結石を壊す治療法です。体に傷がつくこともなく短時間の治療で痛みや副作用、後遺症もほとんどありません。また、膀胱悪性腫瘍の手術は、経尿道的な術式で低侵襲的な手術となっております。
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
医療の質の改善に質するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして、最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して対象患者数と発生率を示しています。         
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 14 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.23
異なる - -
「入院契機と同一」とは入院した時と同じ病名、「入院契機と異なる」とは入院した時は別の病名だった場合になります。手術・処置等の合併症は、人工股関節の脱臼、内視鏡手術後の創部出血、他院にて手術後の術創部感染などです。
更新履歴
2016年 9月13日
2016年 9月30日
平成27年度病院指標を掲載しました。
平成27年度病院指標を更新しました。