平成28年度 とちぎメディカルセンターしもつが 病院指標

病院指標(DPCデータに基づく指標)
【集計方法と定義】
病院指標の公開については、厚生労働省より集計定義が発表されております。
当院においてもDPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆様に情報公開を進めております。当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しています。
 
対象期間:平成28年4月1日 ~ 平成29年3月31日
対象患者:対象期間内に当院の一般病床を退院された患者データ
        (入院後24時間以内の死亡、医科保険外診療等のDPC対象外患者データは除外)
       患者数10未満は「-」で表示
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者のうち、一般病棟に1回以上入院された患者数です。
年齢階級は90歳以上を1つの階級としています。         
        
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 98 82 90 155 288 412 1054 1314 1334 438
当院がある栃木市の人口は、全国的な傾向と同様に人口減少及び少子高齢化が進行しつつあり、高齢化率も30%弱となっています。当院も高齢化の影響で60以上の患者さんが多く、全体の80%弱を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パス(任意のため空欄)を示しています。
一般病棟の中における転科においては、主たる診療科は医療資源を最も投入した傷病の診療科で集計しています。尚患者数10未満の場合は(-)と表示しています。          
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 212 19.18 21.25 9.91 84.77
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 12.49 14.83 2.86 77.29
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 32 15.66 19.92 0.00 76.06
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 11.30 13.85 0.00 79.91
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 12 16.58 23.87 0.00 68.67
高齢化社会に伴い誤嚥性肺炎の患者さんが増加しています。肺の悪性腫瘍や間質性肺炎には、それぞれ気管支鏡検査や胸部X線(レントゲン)、CT検査などを行います。呼吸器内科では、一刻も早い確実な診断、治療をしています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 18.08 17.95 4.00 84.22
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 4.56 3.06 3.13 67.00
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 6.89 4.71 0.00 73.11
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 13.32 7.82 15.79 75.58
050080xx9900xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 19 17.00 13.52 0.00 87.21
地域の皆様が、狭心症や心筋梗塞といった冠動脈の動脈硬化が原因の病気になったときには、カテーテルによる治療を行い、脈の遅くなる病気になったときにはペースメーカー埋め込み治療を行っています。両方とも高齢化した地域に多い病気ですので、循環器内科は万全の体制で対応しています。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 22 13.77 12.20 0.00 61.91
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 13.89 12.43 0.00 76.68
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 21.06 13.78 0.00 51.44
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 16.93 9.33 13.33 82.93
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14 16.57 14.91 0.00 60.14
内分泌内科では、糖尿病、もしくは糖尿病をもっていて感染症などにかかった人を治療します。当院では、糖尿病専門医、また看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士などの職種の人が糖尿病療養指導士の有資格者で、有資格者数は栃木県下の病院で最も多くなりました。糖尿病は動脈硬化や失明、腎不全、癌などの重大な病気につながるため、これらの合併症を起こさせないことが大切です。毎月第2水曜日からの約2週間、医師、糖尿病療養指導士が分担して教育入院での糖尿病の改善を行うことに力を入れています。教育入院ではほぼ100%の人が改善、満足して退院しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 8.68 7.61 0.00 56.12
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 13.08 9.08 5.41 74.16
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 34 8.18 6.91 0.00 43.44
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 33 4.70 4.48 0.00 66.82
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 19 12.16 10.30 0.00 62.74
胆石症、胆のう炎では、腹腔鏡下胆嚢摘出を主に行っています。鼡径ヘルニアに対しては、従来の体表からのヘルニア根治術に加え腹腔鏡下のヘルニア根治術も積極的に行っています。虫垂炎の7割は、抗生剤治療等など保存療法で軽快しますが、3割は、手術に及びます。保存療法で軽快した患者さんは、後日腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。結腸がん、大腸がんに対しては、腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。乳がんは、病期ⅡAは、乳房温存手術、病期ⅡB以上は、術前化学療法をし縮小させてから乳房温存療法を行っています。術後化学療法は、外来で行い、術後放射線療法は他の医療機関に依頼しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 143 26.52 27.63 51.05 82.64
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 57 24.96 24.42 5.26 65.02
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 39 4.67 5.49 0.00 55.87
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 37 2.00 3.07 0.00 70.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 28 24.25 20.57 7.14 78.50
急性期を扱う整形外科の最大の特徴は、あらゆる整形外科疾患に対応できることです。関節外科、手の外科、脊椎外科など専門性の高い医師が常駐しているため、外傷のみならず、人工関節手術、脊椎疾患、手の外科などあらゆる領域の診療を行っています。早期手術、早期リハビリをモットーとし、メディカルセンター内のリハビリ病院と連携しながら運動器の早期機能回復に努めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 4.65 9.87 0.00 77.00
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 22.85 19.35 45.00 75.15
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 9.16 7.52 15.79 65.53
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - - - -
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
脳神経外科では、頭部外傷後に生じる急性、慢性硬膜下血腫の治療を行っています。また、脳血管障害の治療には、頭部CTやMR(頭部MRI・頭部MRA)、頭部血管造影などの血管の検査を行います。頭部血管造影検査とは、頭部の血管にX線を透さない造影剤を注入してX線を撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察する検査です。頭部アンギオグラフィーとも呼ばれ、開頭手術の術前検査として重要な役割を担っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 32 11.22 9.37 0.00 59.47
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 13 5.46 7.28 0.00 40.54
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 3.70 5.24 0.00 66.40
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - - - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - - - -
突発性難聴は、栃木県指定の特定疾患で医療費助成の対象疾患です。当院は、知事の指定を受けた医療機関(指定医療機関)ですので、医療費の助成を受けることができます。扁桃腺周囲膿瘍は、急性扁桃炎よりも症状が激しく、特に飲食物を飲み込むときの痛みがひどく、口をおおきく開けられなくなります。膿瘍ができてしまったら、膿汁の排泄を目的にした治療が重要になり、注射針での穿刺吸引や局所麻酔後にメスで1~2cm程度切開して治療します。また前庭神経炎やメニエール病などの前庭障害の治療も行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 15.96 16.54 19.23 72.31
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 20.46 18.76 38.46 78.69
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 12 16.58 20.18 25.00 84.33
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 25.55 16.73 36.36 78.0.9
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
当院は、栃木県の脳卒中拠点医療機関です。脳梗塞は a)アテローム血栓性脳梗塞 b)心原性脳塞栓 c)ラクナ梗塞 d)病型不明の脳梗塞に分類し、県に報告します。アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞で、当科の患者さんの40%を占めています。心原性脳塞栓は、心臓にできた血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。ラクナ梗塞は、脳の細い血管が詰まって起こるものです。神経内科では、脳梗塞を代表とする脳血管障害、頭痛・めまいなどの機能性疾患から神経変性疾患、筋疾患と多岐にわたり患者さんを治療しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 88 7.42 7.44 0.00 74.41
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 31 13.23 12.43 3.23 75.61
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 29 3.93 15.07 0.00 73.55
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 4.70 5.83 0.00 59.39
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 15 8.07 9.98 0.00 71.27
泌尿器科では、地域の診療所や大学病院などからの多くの紹介患者さんを受け入れています。悪性の膀胱腫瘍に対しては経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)が適応となる症例が多く、術後管理に努めています。また、腎結石や尿管結石の患者さんには、身体への侵襲が少ない体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)を積極的に行っています。泌尿器科では、事前に入院日を決めて入院する予定入院、手術のため入院期間も短くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 7.73 6.42 0.00 2.23
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 12 3.75 5.50 0.00 3.83
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし - - - - -
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - - - - -
小児に多い気管支喘息や胃腸炎、肺炎などの急性期疾患に対応しています。小児科は、近隣の診療所との連携、大学病院との連携により、重症の患者さんにも迅速に対応しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 9.04 11.06 2.08 75.80
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 26 9.85 9.02 3.85 76.08
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 23 6.26 5.50 0.00 62.09
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 5.81 7.44 0.00 68.24
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 9.48 10.93 0.00 73.86
消化器内科で最も多く治療している疾患は、胆管炎です。胆嚢から胆管へ出てしまった胆石や胆管、膵臓に出来た腫瘍によって胆汁の流れが悪くなると、細菌感染を起こして胆管炎を発症します。そういった患者さんに内視鏡下にチューブを留置するなどして胆汁の流れを良くする治療を行っています。次に多いのは、早期胃癌の内視鏡治療で、内視鏡で癌を観察しながら電気メスを使って癌をはぎとる治療です。その他、急性胃腸炎に対する点滴、大腸にある憩室に細菌が感染して起こる憩室炎への抗生物質投与、胃十二指腸潰瘍からの出血に対して内視鏡下に血を止める治療をほぼ同数行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について初発患者はUICCの(※)TNMから示される病気分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を示しています。 (※)TNMとは、Tは腫瘍(Tumor)、Nは節(Node)、Mは転移(Metastases)のことで、この三つを元にしてがんの進行度を表すのがTNM分類です。がんの大きさや深さ、リンパ節への転移の有無、他臓器への遠隔転移の有無などから、総合的にStageを判断します。        
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 47 27 16 17 - 31 1 7
大腸癌 35 34 28 61 12 63 1 7
乳癌 24 15 - - - 25 1 7
肺癌 - - - 44 - 11 1 7
肝癌 - - - - - 19 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC TNM分類とは、UICC(国際対癌連合)が採用している悪性腫瘍の病期分類です。この集計は延患者数ですので、例えば一連の治療期間に入退院を繰り返された場合は、同一患者の入退院を繰り返した回数分が集計されています。当院は栃木県指定の「がん治療中核病院」として、手術、抗がん剤治療、また放射線治療については近隣の医療機関と連携しながら患者さんに合わせた治療法を選択し、総合的に管理しています。集計の特徴としては、胃癌は初発が多い傾向にあり、内視鏡治療が数多く行われていることに寄ると思われます。大腸癌は初発も再発も多く、全ステージでの治療を行っていることを表しています。肝癌は再発例が多いですが、そもそものがん種の特徴を表していると思われます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
成人の(※)市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しております。重症度分類はA-DROPスコアを用いています。
(※)市中肺炎とは病院外で日常生活をしている人に発症する肺炎です。インフルエンザ等のウイルスによるものも含まれますが、集計からは除外しています。         
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 67 14.15 77.30
重症 26 19.27 84.50
超重症 - - -
不明 - - -
高齢者の肺炎が多く、より高齢になるほど重症度も高く、在院日数も長くなっています。慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎などの呼吸器疾患の患者さんは、繰り返し入院となることがあります。また他臓器の基礎疾患がある患者さんはより重症化しやすいので、呼吸器疾患リハビリテーションを早期から行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
医療資源を最も投入した傷病名が虚血性脳血管疾患の患者さんを対象に、発症から入院までの日数別に、「3日以内」「その他」に分けて患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。。         
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 141 21.79 79.17 32.28
その他 17 23 80.12 2.53
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 14 5.14 72.57 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症のタイプに分けられます。脳梗塞の診断と治療は、一刻も早く行われることが重要ですので、救急隊に連絡するなどして早く受診してください。当院は栃木県の脳卒中専門医療機関・地域拠点医療機関として、脳卒中の急性期を担当しています。救急車の受入も積極的に行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢及び患者用パス(任意のため空欄)を示しております。手術術式のKコード(点数コード)による集計ですが、輸血関連は除外しております。術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)の日数、術後日数は、手術日から(手術当日は含まない)退院日までの日数としています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 126 0.39 1.36 0.00 68.98
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 97 1.38 10.63 1.03 75.12
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 26 0.58 8.27 3.85 76.08
K654 内視鏡的消化管止血術 21 0.38 8.29 0.00 75.71
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 21 1.86 5.86 0.00 75.67
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は大腸(結腸)にできたポリープ(良性腫瘍)を細いワイヤーをかけて切りとる治療です。内視鏡的胆道ステント留置術は胆管や膵臓にできた癌により胆管が狭窄や閉塞した場合に、ステントというチューブを入れて広げる治療です。内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術は、大腸同様にワイヤーで切りとる治療ですが、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術は、電気メスを使って癌をはぎとる治療です。内視鏡的消化管止血術は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などからの出血を止める治療です。出血の多くは、潰瘍の表面に顔を出した血管が傷ついて起こりますが、クリップという金具で傷を閉じたり、電気メスで血管を焼いて止血を行います。内視鏡的乳頭切開術は、胆汁ので出口である十二指腸乳頭を電気メスで切り広げて、胆管炎の原因となる胆管結石を内視鏡でとり除けるようにする治療です。また、胆管炎などで胆汁の流れをよくするときに使用するステントを留置するときにも併用することが多いです。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 77 2.68 4.13 1.30 68.25
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 2.78 6.22 0.00 57.09
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 31 7.23 30.55 6.45 70.84
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 20 0.85 1.40 0.00 70.40
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 18 2.11 9.33 0.00 63.67
鼡径ヘルニアに対しては、従来の体表からのヘルニア根治術に加え、腹腔鏡下ヘルニア根治術(TAPP法)を積極的に導入しています。
腹腔鏡下胆嚢摘出術を中心に胆石症、胆のう炎の患者に手術をしています。大腸癌に対しては、ガイドラインに沿って手術法を選択し、鏡視下手術は、約3割を占めます。また内視鏡的粘膜切除も積極的に行っています。乳癌に対してもガイドラインに沿って手術法を選択、乳房温存療法が約6割を占めます。術後の抗がん剤治療は、乳癌、大腸癌を中心に主に外来化学療法を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 133 2.49 20.31 42.11 78.89
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 77 1.79 21.95 11.69 67.04
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 76 2.11 14.25 2.63 64.89
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 39 3.62 24.46 53.85 84.00
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 38 1.00 4.42 2.63 49.00
当院の地域性により、外傷に対する手術が最も多く、その他人工関節、人工肩関節、手の手術、脊椎手術なども多数実施しています。
年齢も小児から高齢者まで幅広い年齢層に渡っています。最近は「スポーツ健康科」の開設により、スポーツ外傷の手術も増加しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35 0.69 4.94 5.71 76.66
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫の患者さんに行う慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く、この手術は、1,5cm程度の小さな穴を頭蓋骨にあけ、そこからチューブを入れて血腫を洗い流す方法です。また、脳腫瘍の患者さんには、頭蓋内腫瘍摘出術、脳動脈瘤の患者さんには、脳動脈留頚部クリッピング術等も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 147 0.00 1.01 0.00 75.84
K241 眼球摘出術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、月曜日と水曜日の週2回手術を行っています。白内障(水晶体再建術)の手術は、前もって入院のスケジュールを決める1泊2日の予定入院となりますので、入院当日に手術を行い、翌日退院となります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.08 4.38 0.00 40.54
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K319 鼓室形成手術 - - - - -
K318 鼓膜形成手術 - - - - -
K340-3 内視鏡下鼻・副鼻腔手術1型(副鼻腔自然口開窓術) - - - - -
耳鼻咽喉科では、扁桃周囲膿瘍について、入院での外科的処置を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 87 1.15 5.31 0.00 74.36
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 83 0.41 1.10 0.00 57.52
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 23 0.61 3.09 0.00 59.39
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 15 0.60 6.47 0.00 71.27
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 12 1.92 8.33 0.00 69.17
膀胱癌に対する内視鏡的切除術は、経尿道的膀胱腫瘍手術(TUR-Bt)と呼ばれ、全身麻酔あるいは脊椎麻酔下に尿道から手術用内視鏡を挿入し、病巣部を電気メスで切除します。体外衝撃波腎・尿管結石破砕術とは、尿路結石を外科手術せずに体の外から衝撃波をあて、体に傷をつけることなく結石を粉々に砕き、体の外に流す治療法です。前立腺肥大症の代表的手術法TUR-P(経尿道的前立腺手術)も行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 21 5.05 5.86 0.00 70.10
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 5.64 14.09 0.00 80.09
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
救急搬送された急性心筋梗塞の患者さんや地域の医療機関から紹介された狭心症の患者さんに、冠動脈インターベンションを行っています。冠動脈インターベンションとは、狭くなった冠動脈に「カテーテル」という細い管を挿入し血管の内側から拡げる経皮的手術です。また、完全房室ブロックなどの場合には、専門医がペースメーカーの埋め込み術を行います。退院後はかかりつけ医にお願いしますが、半年に一回は、ペースメーカー外来(循環器内科)を受診してもらいチェックをします。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
【集計方法と定義】
医療の質の改善に質するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして、最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して対象患者数と発生率を示しています。         
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
「入院契機と同一」とは入院した時と同じ病名、「入院契機と異なる」とは入院した時は別の病名だった場合になります。
28年度については、それぞれの疾患が10件未満だったため症例数は全て"-"で示されています。
更新履歴
2017年9月30日
2016年度 病院指標を掲載しました。